こんにちは、鍋谷(@_nabeya)です。
7月に入り、うちの息子が通う保育園では水遊びが始まりました!

「保育園(幼稚園)の水遊び・プールってどんなものを用意すればいいの?」
「他の家はどんなものを持ってきているの?」
「おすすめはどれ?」

と疑問に思っている保護者の方も多いと思うので、今回は保育士目線で保育園(幼稚園)での水遊び・プールの持ち物についてご紹介しますね!

鍋谷
水遊び・プールでの持ち物の選び方や、みんなが使っている人気のものを紹介していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね☆

保育園(幼稚園)の水遊び・プールの持ち物

  • プールバッグ
  • バスタオル
  • 帽子・水泳用キャップ
  • 水着
  • ラッシュガード
  • 着替え(パンツ・下着・シャツ・Tシャツ・ズボン)

どこの保育園(幼稚園)も大体こんな感じかと思います。
では、一つ一つ見ていきましょう~!

プールバッグのおすすめはコレ!

プールバッグは「THE・プールバッグ!」というものを持ってくる家庭が多かったです。

Disney(ディズニー)
¥2,100 (2018/07/21 12:21:25時点 Amazon調べ-詳細)

↑こういう「トート型」や「ボストン型」が圧倒的に多いですね!
ディズニーだったり、戦隊ものだったり、キャラクターが入っているものが人気のようです。どれも1,000円~1,500円くらいで購入できます。(うちの地元のイオン調べ)

FOOTMARK(フットマーク)
¥1,133 (2018/07/21 22:06:02時点 Amazon調べ-詳細)

↑こういう昔ながらの形(?)のやつは、保育園や幼稚園に通う年齢の子どもだと出し入れがしづらいと思います。「自分のことは自分でやる」という自立のためにも、子どもが自分で着替えなどを出し入れできる口が大きく開くやつがおすすめです☆

鍋谷
どの家庭も、「だいたい同じ時期に同じ場所で買う」ので、プールバッグの柄が同じお友達もいます。必ず名前を書いてくださいね!

バスタオルはどんなものがいいの?

バスタオルですが、未満児(0~2歳児クラス)と以上児(3歳~5歳児クラス・年少・年中・年長)では大きく違います。

未満児(0~2歳児クラス)は家庭で使うような普通のバスタオルの家庭が多いですが、以上児(3歳~5歳児クラス・年少・年中・年長)では、プールの時に使うボタン付きのバスタオルを持ってくる家庭が圧倒的に多いですね!

↑こういう、上からすっぽりと被って「てるてる坊主」みたくなるやつ。

以上児(3歳~5歳児クラス・年少・年中・年長)になると男の子・女の子という意識が芽生え始めるので「裸を見せないように隠して着替える」「むやみに裸を見せたらいけない」という指導をする園が多いように思います。

鍋谷
それに、3・4・5歳にもなるとお休みの日にプールに行くことが多くなりますよね!
そういう時にでも使えるように、体が隠れるようなバスタオルが人気なのかと思います☆

ちなみに園によっては、男女で着替える部屋をわけるところもあるようですよ!

未満児(0~2歳児クラス)は「バスタオルをすっぽりかぶって…」なんてやっている間に事件が起きる可能性があるし、裾にひっかかって転倒する場合があるので、個人的にはバスタオルを推奨。未満児は基本的にスピード勝負なので、ササッと拭いてササッと着替えられる、そんなものが理想ですね~!
…とは言っても「すっぽりかぶるバスタオルが禁止!」ってわけじゃないので使用しても大丈夫ですよ☆

鍋谷
すっぽりかぶるタイプの場合は、ボタンを全部開いて「ただのバスタオル」として使用することが多いです!

ちなみに、うっかりバスタオルを忘れた場合、私が勤務していた保育園では衛生面からバスタオルの貸し借りは禁止でした。きょうだい同士でも禁止でしたね…!!

鍋谷
もしかしたら園によっては貸してくれることがあるかもしれません。事前に聞いてみましょう☆

水遊び用の帽子はこれがおすすめ!

水遊びに限らず、子どもの帽子は後ろに日焼け防止の布がついているものがおすすめ。子どもは下を向いて遊ぶことが多いので首に直射日光が当たるんですよね…。熱中症防止のためにも、日よけ帽子をおすすめしてます!

プールの帽子は?ゴーグルは必要?

プールの帽子は一般的なプールキャップで大丈夫です!

子ども用のプールキャップは可愛いものが多いですよね~!

鍋谷
プールキャップも園によっては衛生面から貸し借りが禁止の場合があります。忘れたらプールに入れない可能性があるので、しっかり確認しましょう!

ちなみにゴーグルですが、私が勤務していた園では不要でした。プールといっても「がっつり系」ではなく、「水に慣れるために、顔をつけてみましょう~!」くらいだったので!

鍋谷
本格的にプール指導をする園ではゴーグルが必要になるかもしれませんね!持ち物に書いてあったら持っていくようにしましょう☆

あ、あと髪の毛!
キャップに髪の毛が全部入るように、髪が長い子は結ぶが三つ編みをしてきてください…!!
そして普段からもそうなのですが、ヘアゴムは固いものではなく柔らかいものでお願いします!
(お友達とぶつかったときに思わぬ怪我につながるため)

保育園・幼稚園のプールの水着はどんなものがいいの?

保育園・幼稚園のプールの水着で特に注意をして欲しいのは女の子の水着。セパレートタイプ(ビキニタイプ)ではない、上下がつながっている普通のやつがおすすめです。ビキニタイプは着脱するうちに紛失しやすく、日焼けする範囲が大きいです。また布に覆われていない部分が多いのでけがにもつながりやすいです。名札を水着に縫い付ける園だと、ものすっごく縫いづらいかと思います。

↑こういう普通のやつを持ってくる人が多かったです。

ひらひらの下にパンツをはくタイプもありますが、高確率で子どもは下のパンツをはくのを忘れます。もしくは朝はいてきたパンツを脱ぐのを忘れます。そして紛失します。全部くっついてるのがおすすめです!

鍋谷
ちなみに「自分で紐を結ぶタイプ」は最初から結んでおくor縫い付けておくのがおすすめです☆

そして水着全般に言えることなのですが、必ず試着してください。「去年のでいいや~」なんて思っていると、ピチピチすぎて着るのが大変です。頑張って着られても、水着が食い込んで痛い!なんてことも…。
ピッタリか気持ち大き目が理想ですね!

鍋谷
逆に大きすぎると中に水が入ってズリ落ちます…。気になって楽しく遊べなくなっちゃうので、サイズは毎年確認してあげてくださいね☆

そして大前提として、おむつがとれていないとプールはできません。プールがはじまる夏までにおむつを卒業するように頑張りましょう…!

ラッシュガードとは?選び方のポイント

ラッシュガードとは簡単に言うと上着です。日焼け防止のために着ることが多いですね!
また、肌の露出を抑えられるので怪我の防止にもなります。

Tシャツタイプなどもありますが、私が勤務していた保育園ではジップアップのパーカータイプがほとんどでしたよ!自分でも脱ぎ着がしやすいのが一番です。

着替えも忘れずに!

着替えも忘れずに持っていきましょう!
園によってはプールバッグに着替えを入れたり、前もって保育園や幼稚園に置いてあるお洋服を使用したりと園によって大きく変わります。忘れないのが一番ですが、万が一着替えを忘れたとしても園のものを借りたりきょうだいのものを借りたりできます。

鍋谷
水遊びやプールがはじまると洗い物が一気に増えますよね…。服の回転が速いので、常にストックを確認しないと…。笑

使用した水着やお洋服、バスタオルはそのままプールバッグに入れてお返しをしています。バッグが濡れるのが嫌だという人は大き目のスーパーの袋などを入れて、子どもに「使ったやつはこれに入れてね」と伝えておくといいでしょう。

忘れ物がないようによく確認しましょう!

子どもが毎日楽しみにしている水遊びとプール。持ち物をひとつでも忘れるとできないという保育園や幼稚園が多いのではないでしょうか…。

せっかくプールバッグを持ってきてもバスタオルを忘れて「水遊びができない」「プールに入れない」となると、子どもによっては大泣きをしてその後もずっと引きずり、お家に帰るまで立ち直れない場合も…。
プールバッグを準備するときによく確認してあげるようにしましょうね☆彡

おすすめの記事